TOP > 


ルクルーゼの特徴

ルクルーゼの「クルーゼ」とは、フランス語で「坩堝(るつぼ)」を意味します。

高熱でどろどろに溶かした鋳鉄を型に流し込む製法を表している「クルーゼ」という言葉に、定冠詞の「ル」をつけて「ル・クルーゼ(以下ルクルーゼ)」の社名が誕生しました。

北フランスのエーヌ県(AISNE)サン・カンタン市郊外にフレノワ・ル・グランという小さな町があります。

ルクルーゼ社は200年以上も前から鋳物製品がつくられているこの地方で、1925年に創業しました。

それ以来、機能的かつ美しいキッチンウエアを作ることをモットーに、さまざまな種類の鋳物ホーロー製品を、ルクルーゼ社は生み出しています。

ルクルーゼは、1958年に著名なデザイナー、レイモンド・ローウェイのデザインによる新製品を発表したり、1973年にはイタリアの著名デザイナー、エンゾ・マリのデザインによるママ・ラインを発売するなど、常に「機能美」を追及し、そのデザイン性にも重きを置いています。

1992年には、世界でもっとも優れたワインオープナーと評価されている「スクリュープル」をアメリカのハーレン社より買収し、1999年にはストーンウエアの発売を開始するなど、“キッチンからテーブルまで”をコンセプトに、テーブルウエアをトータルにコーディネイトのできるブランドとして成長しました。

ルクルーゼのホーロー鍋のできるまで

ルクルーゼのホーロー鍋の原料は、銑鉄、鉄(または再利用鉄)、コークスです。

ルクルーゼの鋳物ホーロー製品をつくるには凸凹2つの型を必要とします。凹型は外側の形、凸型は内側の形を型取るのに使われます。

この型は砂を金属製の型に詰め込んで作られます。

2つの砂型を重ね合わせてできる隙間に1400度以上の高熱で溶かした鉄とコークスを注ぎ入れ、継ぎ目のない一体型の鋳物をつくります。この作業が鋳物をつくる上で最も重要で、全工程を常にコンピュータでコントロールしながら、特に温度と流し込むタイミングに注意を払い作業が行われます。

流し込んだ鉄が冷めたら、砂型を割って中の鋳型を取り出します。

崩された砂型は、また次の砂型をつくる際に使用されます。

この時点で、すべての鋳物は熟練したルクルーゼの職人により入念にチェックされます。

問題のある鋳物は、壊されもう一度溶かされて再利用されます。

このチェックの後、機械と人間による2段階のクリーニング工程を経て、なめらかな鋳物が出来上がります。

なめらかになった鋳物は、耐久性と保温性を高めるため、鍋の外側は2層以上のエナメルコーティング(ホーロー加工)が施されます。

まず1層目のベースコートは840度で焼き付けられ、2層目以降のカラーコートは800度で焼き付けられます。

鍋の内側もエナメル質のホーロー加工をしています。

このために煮物はもちろん、揚げ物、炒め物などどんな料理にも対応できます。

出来上がったルクルーゼ商品は、最後に専任の担当者による厳しいチェックを経て箱詰めされます。

現在でも熟練工の眼や手を使ってひとつひとつ行われている厳しい品質チェックを経て出来上がったルクルーゼの製品は「一度ルクルーゼを知るとルクルーゼなしでは料理ができなくなる」と一流シェフも認めた品質で、現在では世界各国のレストランやご家庭で、世代を超えて愛用されています。

ルクルーゼの特徴

ルクルーゼは熱伝導の優れた鋳物ホーローなので、ムラのない熱まわりで煮物や揚げ物など、微妙な火加減を要する調理もおいしく仕上げ、料理の旨みや栄養分を逃しません。


ルクルーゼは強火ではなく弱火で調理できるので、とても経済的です。

ルクルーゼは保温性に優れているので、料理が冷めにくく、温かいまま召し上がれます。


ルクルーゼは平らで厚い底なので、材料が焦げつきにくく、きれいに仕上がります。


ルクルーゼはレモンやワインなどの酸味にも強く、繰り返し使用しても臭いが染みつくことがありません。


ルクルーゼは耐久性に優れているので、世代を越えて使うことができます。


ルクルーゼの美しいデザインはキッチンをおしゃれに演出し、その色合いはそのままテーブルウェアとしても活用できます。


ルクルーゼ鍋フタのツマミは、190℃までの耐熱性を持つので、オーブンにも対応できます。


ルクルーゼは熱源を選びません。(電子レンジには使用できません)


関連エントリー